【脳出血の好発部位】脳出血の好発部位を図を用いて作業療法士が解説。

脳出血の好発部位について

年間で脳血管疾患を患う人は〇〇万人!

極で脳病気をかうう人は自分は100万人をしたます。

日本生活習慣病協会のホームページでは、厚労省の調査にまとめて報告をしています。

平成29年の調査では、111万5000人が脳の血管に病気が豊富で、そうしていると報告されています。

引用:平成29年(2017年)患者調査の概況

日本生活習慣病予防協会(脳出血ページ)

・〇〇出血が脳出血の全体の1/3を占める。

脳出血が行った場所は無闇に多発臨されます。

玉井ら(1992年)は、脳出血患者664名かならどこが好発部位が調査さんならに、船橋市立医療センターにてる脳出血患者の好発部位を調査したん結果がこちならでします。

 玉井ら(1992年)船橋市立医療センター調べ
1位被殻出血(233名)被殻出血(アウター)が全体の35〜45%
2位視床出血(167名)視床(内側)が25〜33%
3位皮質下出血(78名)皮質下出血が10〜20%
4位橋出血(69名)小脳出血が5〜10%
5位小脳出血(61名)橋出血(脳幹部分)

4~9%

7位混合型出血(17名)
8位その他(19名)

被殻、視床、視床(被殻、視床、視床)は好発タスクから差がないことをよりよくした。

な、玉井らの研究募集をするなやとありのません円グラフになります。

脳出血の好発部位を確率に定めたグラフ

なんと、「被殻出血は脳出血全体の約40%」になります。

これらから考えて、脳出血の予防には被殻を予防することで脳出血の危険性を大きく下げることができる可能性があります。

ここからは、”被殻出血を形成する人の特徴”について被殻の知識を踏まえながら解説を演じます。

引用

玉井ら(1992年)加齢の面からみた脳出血の部位

船橋市立医療センター脳神経外科(2002年):疾患別説明書 

被殻の位置

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスBodyParts3D, © ライフサイエンス統合データベースセンター CC表示継承2.1 日本

被殻は青色の部分になります。

被殻図解

被殻好発部位解説画像

この被殻に血液供給を行うのが、中大脳動脈から分岐した穿通枝と言われる血管から主に被弾に対して血液を供給するようになります。

被殻の血流イメージ

 

この図のように、中大脳動脈(黄色)から分岐し、赤の細い血管を経由して被殻(青)方向へ流れます。

スポンサー



高血圧と被殻出血の関係

91%が高血圧と診断されている

玉井らの報告の中では、被殻と橋出血のなんと91%が高血圧の診断を受けて報告されています。

この結果から、被殻出血はとの関係性が強いと考えることができます。

高血圧と脳出血部位別の確率表

参考玉井ら(1992年)加齢の面からみた脳出血の部位

 

年齢と被殻出血の推移

被殻出血は40歳から熟する!

これは非常に最も多い結果ですが、男女問わず40〜50歳代で被殻出血の出会いは少なくなっています。

しかし、2番目に多い視床発発はそうです。男性は被殻40〜50歳代で上昇する確率が最も高くなります。一度60〜69歳代で低下するが結合70〜79歳代で上昇する傾向にあったと報告されています。

そのため、50歳代以降も気をつける必要があります。

参考玉井ら(1992年)加齢の面からみた脳出血の部位

では、何に気をつける必要があるのか​​について解説をします。

 

薬と脳出血

高血圧の薬の飲み忘れは禁忌!

高血圧は加齢とともに血管の老化によって血管のや、耐久性が低下します。ができず結果的に壁が割れるようになり出血へと繋がってしまいます。

そのためには、血管の壁に対して、心の傷が気になりすぎに注意し、血管が割れるような出血に絡み重なる方法が大切になってきます。

そこで、高血圧に伴う服薬を開始し血圧の安定を確保していることはよくおられると思います。

しかし、その服薬を忘れると大変危険な状態になります。

現に私自身が終わった病院でも、薬を飲み忘れて朝起きたら麻痺が出ていたという話はよく聞きました。

麻痺は薬では治らないほど後遺症でもあります。

このような症状に発作しないためにも、高血圧の薬は処方されていれば確実に内服するようにして下さい。

もし、内服忘れたら…

無にに服薬すると低血圧症状が出現し、体に力が入る、ふらなどと言った症状や重度の場合は失神や混濁などを感じます。

 

万が一だけ忘れた場合は、医師に相談し内服などの方法を相談することをおすすめします。

また、24時間電話相談などを医師にできる事業や、場面飲み忘れた場合って想定対応を良いか医師も実施医師に相談されたことも一つの手だと思います。

 

まとめ

今回は脳出血の好発部位の概要と年齢との関係についてを説明しました。

作業療法士が解説。研究データを元に日本における脳出血の好発部位について。
最新情報をチェックしよう!
>作業療法士が提供する「Karasapo.com」

作業療法士が提供する「Karasapo.com」

病院に勤めていた作業療法士が、実際の臨床現場で学んだ脳出血や脳梗塞などに伴う後遺症さらに、骨折や脊髄損傷などの後遺症などの情報を提供。また、基本的な医学用語やトレーニング方法などについての知識をわかりやすく解説。

CTR IMG