筋筋膜経線を理解して介入とトレーニング(DFL編)

管理人
本日もkaradasapo-to.comに訪れて頂き、ありがとうございます。前回はSFLについて簡単に解説を行いました。その中でも、関係性の深いDFLについて本日は簡単に解説を行います。これがわかれば、なぜ痙性や筋緊張異常が胸郭にないのに、呼吸が苦しくなるの?などいろいろ関連性を理解することができるでしょう。
ではさっそく、解説していきます。

DFLの全体像

DFLの正式名称は、
「Deep Front Line」
と言います。
この筋筋膜経線は、下記の図で示すように体の深部に存在している筋肉、筋膜で構成されています。
このように、細かく大きな範囲に渡って構成されているのが特徴でもありさらに、細かく大きな範囲に渡って構成されていることから、他の筋筋膜との関連性も強いとされています。
例えば、前額面では左右のラテラルライン(LL)と連結しています。
また、矢状面では、体の前面にあるスーパーフィシャルフロントライン(SFL)、体の後面にあるスーパーフィシャルバックライン(SBL)とにこのDFLは挟まれるように存在しており、これらの筋筋膜が収縮して動くことによって協調的に動くようになっています。
さらに、他には筋筋膜経線で螺旋状の構成をしている、スパイラルライン(SPL)やファンクショナルライン(FF)とも密接に関わっているとされています。
このように、DFLが機能低下をすると、他の筋筋膜との関係性から機能的な代償を行うまたは、機能低下を他の筋筋膜にも影響を与える可能性があるとされています。
DFLは、足底から始まり、下腿部の後面、膝後面、大腿後内側面から骨盤に至ります。
骨盤では前後に分かれ、一方は骨盤後面へ。もう一方は、骨盤前面へ分かれます。
そして骨盤後面に走行した筋筋膜は、腰椎で骨盤前面を走行したDFLと合流するようになっています。
その後、椎体前面と胸郭部分の筋肉(肋間筋や横隔膜など)と連結して頸部そして頭部に至るようになっています。
また、体の深部に存在することから臓器などの牽引についても作用しているとされています。
では、このDFLって実際どんな機能的役割を果たしているの?その点について解説をしていきます。
スポンサードリンク



DFLの役割

リズム的関与

まず、先の説明から
①体の深部を通る
②骨盤と強固に連結している
この2点によって、重心移動については深く関係してきます。
中でも、ダイナミックな運動については他の筋筋膜経線の機能的代償が可能です。
しかし、DFLは小刻みなリズムをとるような動作を得意としており、歩行のリズムや運動に合わせた呼吸のリズムなどリズム関係について、深く関与しているとされています。

姿勢調節

DFLの姿勢調節機能としては
①股関節を含む下肢全体の安定性を保つ(足関節は、内反方向へ運動させる)
②腰椎を前方から支えて椎間関節の安定性を保つ
③頸部、頭部のバランスをとる
姿勢調節において、大きくはこの3点の関与が強いです。
この3つの中で、今回は①の股関節を含む、下肢全体の安定性についてもし、DFLが機能低下するとどう言った症状が出現するか、解説していきます。
スポンサードリンク



DFLの機能低下

DFLと足関節の安定性

DFLは足関節を内反させます。
よく、脳卒中などに伴うDFLの機能低下をきたしている患者様では、まず連合反応に伴う、異常筋緊張によって足の内反、股関節も内転方向へ引き寄せられる人が非常に多いです。さらに、ロッキング(膝の過伸展)なども顕著に認めます。
この現象については、神経疾患に伴うDFLの機能低下(筋短縮)によって出現している人を臨床現場でも、多くみることがあります。
これが、永遠に続くと下肢の長さが左右異なるような症状や、O脚の進行に伴う膝関節痛などが出現するようになってしまいます。
なので、DFLについての介入方法(徒手または動作練習)を検討しながら治療を進める必要があります。
スポンサードリンク



まとめ

本日も最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
今回は前回のSFLに続いて、関係性のあるDFLについての解説を行いました。
体にとっては非常に重要な、筋筋膜経線になるため、注意して評価を行いもし、機能低下があれば介入方法を検討して下さい。
最新情報をチェックしよう!
>作業療法士が提供する「Karasapo.com」

作業療法士が提供する「Karasapo.com」

病院に勤めていた作業療法士が、実際の臨床現場で学んだ脳出血や脳梗塞などに伴う後遺症さらに、骨折や脊髄損傷などの後遺症などの情報を提供。また、基本的な医学用語やトレーニング方法などについての知識をわかりやすく解説。

CTR IMG