学生や医療スタッフでもわかる錐体路(Pyramidal tract)〜機能、役割、意味について〜

ホームページの訪問

     ありがとうございます。

今回は脳卒中にはかかせない

  神経線維の一部の話です。

    体路ってご存知でしょうか?

リハビリテーションや脳外科などでは凄く使用頻度の多い言葉かつ運動麻痺に関してはとても重要な役割を果たしている神経なんですが、この錐体路について整理ができておらず、説明が難しいので今回はこの錐体路について整理しましょう。

結局、錐体路ってなんのかよくわからないですよね。

きっと臨床家や研究者によってそれぞれ用いている言葉が異なるからなんですよ。

一つずつ整理して理解して行きましょう。

もっと知りたい人は他の錐体路に関する内容も是非読んで下さい。

では、早速解説していきます。



 錐体路とは 

神経のことなの?筋緊張が亢進するの?麻痺が出現するの?様々な疑問がありますよね。

まずは、「錐体路」という言葉の意味を整理しましょう。

 体路という葉の意味 

よく神経線維の知識と混合して小難しく考えてしまう人も少なくないと思います。

錐体路とは文字の通り「路」という感じが付きます。

「路」は訓読みで「みち」と読みます。

この意味が示すように、錐体という名前を付けられた「神経の通るみち」であると整理しましょう。

そこで医療の現場において

 

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”医療スタッフ”]錐体路が血腫にやられている。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”患者さん”]え? なに? 大丈夫なの?
そもそも錐体路って?[/speech_bubble]

こんな風に言葉が飛び交うと、

新人のスタッフや患者さん、家族は混乱して・・・

錐体路って神経のこと?

などと訳が分からなくなりさらに、内包や皮質下など

様々な言葉が飛び交うことでさらに混乱し、分

からなくなってしまう状況に陥ってしまいます。

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”医療スタッフ”]錐体路とは、ここで言われているようにあくまで

神経が通る通路である

ことを理解してほしい![/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”患者さん”]なるほど。錐体路って神経の通る道なんだ。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”患者さん”]この錐体路って、じゃあ何が通っているの?[/speech_bubble]



 錐体路には何が通っている? 

錐体路には基本的に運動神経線維が通っており、神経細胞から得られた情報を運動神経線維を通して、筋肉を動かし、意識して手足を動かすことができるようになります。

運動神経の表現には様々な表現の仕方があります。

例:上位運動ニューロン、外側皮質脊髄神経、前皮質脊髄神経などなど

そのため、前述したように「錐体路がやられている」などと話されている場合は、その道が遮断(高速道路で例えると通行止め)され神経が圧迫されたことによる後遺症で麻痺の症状が出現します。

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”医療スタッフ”]脳から出た運動に関係する司令が神経を使い筋肉を動かしているんだ。その神経が通る道を錐体路といいその神経は運動をメインで行う神経なんだ![/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”患者さん”]なるほど。だから、運動麻痺などの症状がでる可能性が高いから医療現場やスタッフの間でそんな言葉のやりとりがされるんだ[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”医療スタッフ”]ちなみに、顔面を除いて錐体路が何かしらの影響を受けた場合は基本的には感覚障害にはなりにくいと言われているんだよ[/speech_bubble][speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”医療スタッフ”]その錐体路を通る神経も基本的には決められており、次の錐体路の種類で紹介します。[/speech_bubble]

 

 

 錐体路の類 

錐体路は2種類存在することが知られています。

皮質脊髄路

側皮質脊髄路

錐体路と錐体外路




ここで試験等でややこしくなるのは皮質核路(皮質延髄路)が錐体路と言われるかです。

結論から述べると基本的には錐体路ではありません。

※注 意

しかし、ネット上で「錐体路」と検索すると皮質核路が含まれて表示されることがあります。

 

一般的には錐体路は延髄腹側部に存在する錐体部分を通過する神経を示しており、前皮質脊髄路と外側皮質脊髄路の2本とされています。しかし、試験等では要注意です。

 

質核路が錐体路だ」錐体路ではない」と言われる理由

皮質核路(皮質延髄路)場合は前述した延髄の錐体部分を通る神経と通らない神経の2種類が存在するから、ややこしくなる。

錐体を通る神経 (舌咽神経、迷走神経、副神経、舌下神経:脳神経Ⅸ〜Ⅻ)

錐体を通らない神経(動眼神経、滑車神経、三叉神経、外転神経、顔面神経:脳神経Ⅲ〜Ⅶ)

があり正しくは・・・・

錐体路+皮質核路と分類することが正式です。

 

※試験等の設問で、「錐体路を2つ選択しろ」みたいな設問の場合で前皮質脊髄路と皮質核路しか選択肢にない場合は皮質核路を選択するべきだと思いますが、前皮質脊髄路と外側皮質脊髄路が選択肢にある場合は皮質核路は錐体路とは考えられていないと思いますので、試験等では注意が必要ですね。

錐体路と錐体外路

錐体路と錐体外路

錐体路の機能について

錐体路というみちには先に説明した通り運動神経線維が通るようになっています。この錐体路は、主に随意的な運動(意志に伴った運動)との関与が強い運動神経線維が通っています。

例で示すと、

Delwaide1994年、Woolsey1971年に猿における研究で、猿の第4野の破壊と合わせて、延髄錐体路もしくは外側皮質脊髄路の切除を行い錐体路障害を起こしたところ痙縮にともなう筋力低下、巧緻性低下、筋緊張低下、腱反射低下という症状が出現したと報告しています。

ここからもわかる様に、決して筋肉が硬くなるなどの症状ではなくあくまで、筋肉を意識的に動かすことができない「運動麻痺」の状態に陥ることをご理解して下さい。臨床現場において上司から錐体路が障害されているからとか、神経の再編に伴い病的に連合反応が起こり筋緊張が強くなり、それらに伴い痙縮が強くなる程度の説明を受けることはあっても、それでは神経については十分に理解したとは言い難いのが現状です。純粋に錐体路だけが影響を受けるのは少ないですが、ほとんどの純粋に錐体路だけが障害されると一見弛緩様の麻痺(ダラーんと腕がぶら下がるような麻痺)が出現し、錐体路障害の象徴とも言えるでしょう。

まとめ

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”医療スタッフ”]錐体路が一体何かわかったかな?[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”患者さん”]簡単に言えば神経の通る「みち」であり、体や手足などを動かす運動神経が通っていることはわかりました。[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”医療スタッフ”]そう!まずはそのことを理解しましょう。けど、なかなか純粋に錐体路だけに脳卒中が発症することは少ないんです。近日中になぜ錐体路だけを障害する純粋な脳卒中が発症しないかを解説しますね。ここまで読んで頂きありがとうございました。[/speech_bubble]



錐体路と錐体外路
最新情報をチェックしよう!
>作業療法士が提供する「Karasapo.com」

作業療法士が提供する「Karasapo.com」

病院に勤めていた作業療法士が、実際の臨床現場で学んだ脳出血や脳梗塞などに伴う後遺症さらに、骨折や脊髄損傷などの後遺症などの情報を提供。また、基本的な医学用語やトレーニング方法などについての知識をわかりやすく解説。

CTR IMG