患者様やご家族様にわかりやすくイラストを利用して伝える肩峰下インピンジメント症候群,Shoulder,Impingement,Syndrome

肩峰下インピンジメント症候群とは 1972年にNeerによって提唱されたものであり、鳥口肩峰アーチと肩峰下滑液包・腱板(棘上筋、棘下筋、小円筋、大円筋)との間で生じる 衝突現象 であるとした。 1990年にMatesenらは肩峰下インピンジメント症候群の原因を 解剖学的破綻 と 機能的破綻 から捉え … 続きを読む 患者様やご家族様にわかりやすくイラストを利用して伝える肩峰下インピンジメント症候群,Shoulder,Impingement,Syndrome