ストレッチと若返り〜ストレッチの効果〜

ストレッチによる若返りや肩こり・腰痛緩和って一体どのような根拠があるのかを一から説明します。

 

ストレッチとは

一般的に言われるストレッチ。では実際何をストレッチと呼ぶのか疑問ですよね。そんなところから解説して行きます。ストレッチとは1960年代に激しいスポーツにおいての怪我予防のためにアメリカのボブ・アンダーソンさんによって広められた分野でもあり日本には、1975年頃に紹介されたそうです。ってことはストレッチの発症は怪我予防で広まったことがわかりますよね。しかし、現代においてはストレッチと言っても様々な種類のストレッチが存在しどれが正しい方法のストレッチか、目的が何なのかわからない状態にありますよね。

スポンサードリンク




 

ストレッチの種類について

・スタスティックストレッチ

基本的には運動後と就寝前に行うことが勧められています。運動前に行うと効果や目的で説明した内容が働き体が脱力してしまいます。これが一般的にイメージされるストレッチの方が多いと思います。

内容は反動をつけずに、呼吸を意識して伸ばす際はじわーっと息を吐きながら単一方法へ動かして行うストレッチです。目安としては約30〜60秒行うようにします。それより短い時間では基本的に効果は発揮されません。それは、伸ばされた筋肉を縮めようと体が反応するからです。目安の感覚は伸ばしたつっぱりが徐々に慣れてきたら効果ありです。基本的には反動をつけずに行います。反動をつけることでさらに筋肉が縮むように働く場合があるのでゆっくりじわーっと伸ばすことを意識して下さい。

果として筋肉の伸張性拡大、副交感神経を優位にする。そうすることで筋肉が緩み血管が広がり血流の改善が期待できます。

的は可動域の拡大(関節の柔軟性向上)、体内に溜まった老廃物を流す、心身のリラックスであったり、疲労回復と言われています。

 

ダイナミックストレッチ

体の動きを利用してリズムに合わせて行うストレッチです。代表的な例ではラジオ体操です。動きとしては手足が全て動くようになっており複数の方法へ動かして行うストレッチです。日本ではダイナミックストレッチというより体操という方が多いと思います。基本的には運動の前に行うことが勧められています。

果として心拍数の増加、体温上昇、筋肉の伸縮性を上げることによる怪我予防、交感神経を優位にする。これらによる血行の促進を期待できると言われています。

的は筋肉の柔軟性と体温を上げ、怪我予防や運動・種目内容のパフォーマンスを上げるものになります。

 

 

その他のストレッチ

パートナーストレッチ

バリスティックストレッチ

カウンターストレッチ

PNFストレッチ

などなどが存在します。

 

 

ストレッチをすることの効果などについては先に説明した通り理解してきたかなと思います。しかし、今一つ「ピン」ときませんよね?老廃物を取り除く?血行が良くなる?それだけだと…。

 

ストレッチと若返りの関係について

ストレッチと若返りの関係には「コラーゲン」が関与していることが明らかになってきているのです。これで「ピン」ときますよね。コラーゲンは肌や体にとってはとても大切なタンパク質です。ではストレッチとコラーゲンがどのように関係があるかを解説しましょう。

体内にあるコラーゲンは線維芽(せんいが)細胞によって活性化されます。しかし、運動不足や糖質の摂りすぎによってコラーゲンに糖がまとわりつくようになります。そうすると「糖化」という現象が起きます。糖化が進行すると体内にせっかくあるコラーゲンが活性化されず筋肉や骨・血管など全身の老化を加速する原因と考えられています。ストレッチでは先にも説明しましたが、筋肉が基本的には引き伸ばされます。引き伸ばされることで線維芽細胞が活性化することがあります。それにより線維芽細胞→コラーゲンに働きかけ糖化を予防し全身の筋肉や肌などを若返らせてくれるというメカニズムになるのです。また、この根拠については国立健康・栄養研究所での研究では、ストレッチを半年間継続したグループとしていないグループで比較した際に血管年齢が平均10歳若返ったという報告をされています。
スポンサードリンク




 

まとめ

ストレッチは若返りを促進する可能性がある。しかし、方法によってはストレッチがストレッチにならない可能性がある。しっかりストレッチの方法を理解して体のサポートをしましょう。

 

 

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>作業療法士が提供する「Karasapo.com」

作業療法士が提供する「Karasapo.com」

病院に勤めていた作業療法士が、実際の臨床現場で学んだ脳出血や脳梗塞などに伴う後遺症さらに、骨折や脊髄損傷などの後遺症などの情報を提供。また、基本的な医学用語やトレーニング方法などについての知識をわかりやすく解説。

CTR IMG